スソ上げの説明

【基本仕様】
免責事項 ・無料サービスにつきクレームはご遠慮ねがいます。再直しはお受けできません。
・スソ上げをした商品は、交換や返品ができません。

【正確なスソ丈を求める方へ】
ズボンは、サイズや種類、デザイン、メーカーなどが異なると寸法も変化します。
できることなら現物を試着してからスソ上げをするのがベストの方法です。
仕上デザイン 基本は「シングル」でスソ上げいたします。
接着剤は用いません。裏の縫い糸を切断いただければ再直しが可能です。
おそれいりますが、くつづれ(カカト補強)は希望なされても付きません。
A
折り返し幅
商品や個人差によって折り返し幅は異なります。折り返し幅は10cmを基本としておりますが、作業状況に応じ幅は当店で決定しています。不要な丈は切断しこちらで処分します。

なお、折り返し幅を指定したい場合、
ご注文画面の通信欄にて「折り返し幅6cm」「まくり幅6cm」などとご指定ください。必ずしもお約束できませんので、あくまでも希望とお考えください。

【説明】
・変形ズボン購入時の総股下は約90cmです(標準型は約100cm前後)。股下が80cm以上になると、折り返し10cmはとれません。
・標準型は総丈も長く折り返しが容易のため、成長期も考慮した折り返し15cmになることもございます。
・ボンタンなどは折り返し10cmが構造上とれません。スソ幅とスネ幅に大差あるシルエットは、折り返し4〜8cmになります。

参考情報 身長170cmでの平均股下は76cm(当店調べ)。ただし股下には個人差があり、履き位置によっても大きく左右されます。
【ダブル仕上げをご希望の方へ】
ダブルとは スソ丈が外側に折り返している仕様を「ダブル」と呼びます。折り返しがないものが「シングル」です。
身長が伸びて丈が短くなたときのための対策で、ダブルの折り返しをシングルに戻せば丈が伸びるというものです。
昭和のころはダブルの生徒様もみかけましたが、校則でダブルが義務でない限り、ダブルになされる方はほとんどおりません。

注意事項 ・ダブル作業は時間がかかり、作業に2〜3日を要することがございます。
・折り返しの留めは、状況に応じて「フォック」か「縫い付け」になります。
・股下の長い(足の長い)片は、ダブルにできないことがあります。

 [説明] 股下85cmでスソ上げした場合、可能なダブル幅は最大で2cm幅です。

 ↑でも説明したように変形ズボンの総丈は90cmになりますので、あまる丈は残り5cm。
 さらに、スソ上げの糸を縫い付けるのに1cm以上は必要のため、あまり丈は4cmに減ります。
 残り4cmでダブルにできる幅は、最大で2cm幅になります。
 ダブル位置は折り返えしている部分なので、生地は両面(つまりダブル幅の2倍)を使います。

 公式にすると以下の通りです。◯◯は個人によって

 (総股下90cm−希望のスソ上げ股下◯◯cm−縫い幅1cm)÷2=ダブル最大幅cm
ダブルの注文方法 ダブルを選択する項目はございません。ご注文画面の通信欄にて「ダブル幅3cm」などとご指定ください。
スラックスをカートに入れるときは、股下もメニューからご選択ください。

足の計測方法1 股下のはかり方

股(左右の脚の付け根)からスソ先までの長さを測る計測方法です。
1、スラックスを用意する

ご自身が使用しているスラックスを用意してください。
左右の足が重なるようにたたんで平面に寝かせます。寝かせたスラックスの両先端を軽く引っ張り、たるみを無くして下さい。
2、始点(股)の準備

重なる足の上側を開いて、足の付け根を探します。
3、メジャーの始点

1mまで計測可能なメジャーを用意してください。
足の付け根(始点)に「メジャー0cm」を合わせます(2画面の赤点位置)。

左手でメジャーとスラックスを押し付けるように、0cmと足の付けを固定してしまうと良いと思います。
4、メジャーを伸ばす

メジャーの0cmを固定してメジャーを丈まで伸ばします。
スラックス縫いラインに沿ってメジャーを伸ばしてください。
5、計測

計測する前にスラックスにたるみがないか再確認ください。
左手でメジャーとスラックスを押さえていますので、右手でスソ先をもって軽く引っ張ります。
右手をスソ先から離すさいはゆっくりと戻してください。パッと右手を離すと伸縮力でスラックスがたるんでしまいます。

この どこからも引っ張られていない自然の状態で計測します。
伸ばしたメジャーを元に、スソ丈が何cmあるか計測。計測した値がそのスラックスの股下の長さです。

計測したスラックスの股下を参考に、股下±αでご希望の値を決定してください。

足の計測方法2 総丈のはかり方

腰からスソまでの端から端を測る計測方法です。股上を含めた長さで、股上+股下=総丈になります。
ただし股上は商品やサイズによて異なり、ハイウエストやループダウンの幅も商品によって異なりますので、全長=総丈というものでもありません。ご注意ください。
当店では総丈の基準を統一するため、「ベルトループ下」から「スソ先」までの長さを総丈とさせていただきます。
1、スラックスを用意する

ご自身が使用しているスラックスを用意し平面に寝かせます。寝かせたスラックスは両端を軽く引っ張り、たるみを無くして下さい。
2、メジャーを用意する

1m以上計測可能なメジャーを用意し、0cmをベルトループの下端に合わせます。スラックス真横の縫いラインに沿ってメジャーを伸ばしてください。
3、計測

伸ばしたメジャーを元に、スソ丈が何cmあるか計測します。
計測した値がそのスラックスの総丈の長さです。
(総丈目安として、身長170cmの方で100cm以上になるかと思います。)

計測したスラックスの股下を元に、総丈±αでご希望の値を決定してください。

ボンタンのスソ上げ1 スソ丈がV字

ヒザ幅とスソ幅に大きな差があるボンタンをスソ上げすると、構造上スソ先がV字のようになります。
作業上やむをえないことで、今も昔もV字でした。履くとV字に見えませんのでご安心ください。
たとえば、
ワタリ50cm級のボンタンを
股下約76cm(赤線ライン)でスソ上げを行うとこうなります。
赤線以下の生地を内側に折り、内側に折った生地に色をつけた画像です。

通常はこの状態で「スソ」を「内生地」に縫い合わせていきますが、双方の面積が合わないために赤丸のような空間ができてしまいます。これではスソ上げができません。
そこで、
スソの面積を広くし内生地面積と合わせるためスソに切り込みを入れます(橙色線)。
面積が合った位置でスソと内生地を縫い合わせていきます。
スソ上げが仕上がった完成画像です。

スソ先がV字に見えますが、こちらで正常なボンタンのスソ仕上げとなります。

画像は平面に寝かせていますので角度が目立ちますが、履いた状態では目立ちません。当店の技術ではこのようなスソ上げとなりますのでご了承願います。

ボンタンのスソ上げ2 股下の長さしだいでシルエットを失う

股下が短い場合、残念ながらボンタンに見えなくなりますのでご注意。
たとえば、
ワタリ50cm級のボンタンを
股下約60cm(赤線ライン)でスソ上げを行います。
こちらが完了した画像です。
股下が短いため、ヒザ位置でスソ上げをした状態です。ボンタンの特徴でもある細いスネ部がありません。
こうならない対策のひとつに、股下を必要以上に長くスソ上げをする方法もあります。
たとえば、股下60cmでちょうどなら、+10〜15cmして股下75cmでスソ上げをします。ボンタンは股下70cm以上ないと綺麗なラインは出ません。

15cmも長いと、足首に丈シワができたり、丈のカカトが地面に擦りそうですが、それでもボンタンには見えます。幸いボンタンはスソ幅が細いので、スソが細いほどカカトは地面に擦れません。

このような履き方もありますのでご参考までに。